きものが織りなす世界

イラストで理想の着物デザインを伝えよう!

「こんな着物が欲しい!」そう思って口で説明していても呉服屋さんにうまく伝わらないこともあります。出してきてくれるものは何か自分のイメージと違う。そんなときはイラストを使って説明してみてはいかがでしょうか。自分の理想とするデザインの柄を書き、色を塗る。色は理想とする色になるべく近づけてくださいね。緑でも、深緑や明るめの黄緑など色で詳しく伝えることが大切です。描いたものと全く同じデザインに出会えることはありませんが、似たデザインでいいなと思える着物で出会える確率は上がると考えられます。口頭がだめなら視覚で訴えることも一つの手です。口下手な人でも伝わります。成人式を控えているがなかなか理想の着物に出会えない、もしくは卒業式の袴のデザインを決め兼ねている人にはおすすめです。着物が決まらないが、時間がない。そんなときにはイラストが心強いですよ。イラストをもとに着物をいくつか出してもらえばいいのです。大切な日の着物選びに困ったときにはイラストをぜひとも活用してほしいものです。